« Sweet Sixteen | Main | 完全なる休日 »

波状言論

そういえば、ちょっと前に波状言論への登録が完了した旨を告げるメールがきた。
銀行で振り込むのを1回忘れ、今回も期日ぎりぎりになって払い込んだのだが、すっかり忘れていた。
すでに発行されている分が、一部250円で売っている。
月300円だから、1部あたり100円高くなってしまうわけだけど、内容に比例しているのであれば問題なさそう。

とりあえず、ただで公開されている準備号を読んでみる。
まだ全部読んでないけど、パーソナルパブリッシングに関しての意見はとても示唆的。

ずぅ~~っと前によく読んだ、伊藤元重さんの「市場の法則」でも1%経済と99%経済についての考察があって、うんうんとうなずきながら読んだ覚えがある。

「ソフトウェアは質を量に変換するものだ」という意見があるが、まさにその通りで、自分で組版して友達のデザイナーに頼んで一冊の本ができる世界はとても楽しそう。
というか、個人的な意見、これからは間違いなく、そういった世の人たちのクリエイティビティーを満足させるためのフレームワークこそが必要とされているのではないか、と思う。

となると、現在 MS が XNS でやろうとしている「」整備されたプラットフォーム」という考え方のほうが、クローズドな世界観よりも勝っているのではないか、と思わされる。
ここらへんで議論されているけれど、XNSが提示している未来のゲームプラットフォームは、「イノベーションのジレンマ」的破壊的技術に十分になりうるのではないか、と。

ソニー、または SCE が改革してきたものはとっくに時代遅れになっていて、時代の焦点はあくまで個人のコミュニケーションに向かっているのではないだろうか。

|

« Sweet Sixteen | Main | 完全なる休日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 波状言論:

« Sweet Sixteen | Main | 完全なる休日 »