« 約束の地、遙かなり | Main | VH7PC を分解修理 »

Windows 7 待ち

ウダウダ悩んだメインPCの更新に結論が出た。
あちこちから石が飛んできそうだけど、その結論とは「"Windows 7"待ち」。肝心のPCはHP Pavillion S3720 + Nanao S2242W-Hの組み合わせが第一候補。

ここに辿り着くまで自分でもウンザリする検討を重ねたのだけど、検討を重ねまくること自体がメインPC更新の不必要性を示しているようで、悩みつかれてきたので検討を一時停止したという次第。

検討を重ねたステップをおおまかに分けると、以下のような感じ。

1. ノートPC路線。
13.3インチ液晶になってモバイル路線に走ってしまったVAIO type Zは候補に数えていなかったのだけど、直販サイトで買うと解像度1600x900のモデルがチョイスできることを発見。ただ、小さいボディーにパフォーマンスを詰め込むために様々な犠牲(コスト、廃熱性能、液晶の見やすさ)を払っているであろうことがもったいないように感じられてしまって、どうも触手が伸びない。

2. 自作&高性能液晶
2,3年後には携帯っぽいデバイス(Androidとかそ~いうの)が今以上にネット端末として使えるようになる気がするから、これから僕達がPCに求めるべきはがっつり使えるコンピュータだよ!原点回帰万歳!・・・とばかりに、トレンドから離れつつある自作PCを検討。VAIO type Zを買うことを考えれば、そこそこのパフォーマンスのものと組んで前から欲しかったNECとか三菱の高性能液晶(これとか)をゲットしても割安感があって素敵。

24/26インチクラスの構成の液晶では、後継機が出て価格が下がってるRDT261WHが大変お買い得(kakaku.comの最安値で8万切ってる)。同じパネルを採用しているNECのLCD2690WUXiとの違いは、ムラ補正機能の有無と味付けの方向性くらいで、きちんとしたキャリブレーションまでやる気のない自分にはRDT261WHで十分(というか、これでも完全にオーバースペック)。TN型液晶の値段がアホみたいに下がってる昨今、ハイアマチュア向けの高級液晶はどんどん市場から駆逐されていく方向にあるので、欲しい時に買っておいたほうがよさげ。LCD2690UWHi2も旧モデルのLCD2690UWHiと同じ価格帯まで落ちてきているし、性能を考えればバーゲンプライスと言うことができそう。

久しぶりに自作PC事情を調べた見た限りだと、コストパフォーマンス&コンパクトさ&静音性を重視して拡張性を捨てたAntec NSK3480 + Gigabyte GA-MA78GPM-DS2H + AMD Athlon X2 Dual Core 5050eあたりの組み合わせが自分の好みにフィット。・・・なのだけど、自作PCだとWindows代も馬鹿にならないし、買い出しも面倒だし、コストメリットが薄いことに気付く。Ubuntuを入れて常用するのも楽しそうだけど、拡張性も圧倒的なパフォーマンスも必要としない自分が自作PCに手を出すこともないかなぁ~という気分。

3. BTO&高性能液晶
自作PCが面倒ならコンパクトで静かなメーカ製PCだ!というわけで、現時点までにたどり着いた結論がhp pavillion S3720。低電圧版のAthlon 64 X2 Dual Core搭載で、小さい割に静かという評判。GeForce 9100なるチップセットの出自が不明なのが心配だけど、まぁWindows使ってる分には問題ないだろう。デザインもそれなりにこなれてる印象。

最低スペックで頼めば4万円前後で、メモリを足したり、起動ドライブをSSDにしたりとかいった遊びをやる余地も残りそう。・・・で、唯一の問題がOS。Windowsのライセンスがあるなら喜んでWindowsを使うわけだけど、Windows 7が今年中に出るという話なので、今Vistaに突入するのはタイミング的に美味しくない気がしてしまう。

液晶に関しては、24/26インチクラスだと場所を食いすぎて設置面積的に厳しいことが判明しつつあるので、22インチクラスにサイズダウンしたほうがよいかも。お金がジャブジャブあればNECの国産パネル採用モデルに突撃するところだけど、貧乏人の身の丈にあったNANAOの22インチ@1920×1200モデル(FlexScan S2242W-H)が妥当な線かな。

**

とかまぁ、そんなわけで5年選手のVAIO Z1X/Pにはもうしばらく頑張ってもらうことになりそう。
先週届いたhynix製の512MBメモリーで元通りの環境になったので、目をギラつかせながら新しいPC&液晶を調べながらつつ「今のままでいいじゃん」と冷静に考えてる自分がいたりして・・・。

P2044308

上の検討過程では、幾度となくMac教に入信することを考えたのだけど、MacBook/iMacのテカテカ液晶と最近のMacの商売上手さがどうも信用できなくて候補からドロップ。Snow Leopardを搭載してQuad Coreが選択可能になるという噂のニューiMacの出来がよさそうだったらサクッと転ぶ可能性はあるけど、これまでの自分の行動を考えると多分転ぶことはないだろう。

久しぶりに最近のPC事情に触れることができて、なかなか有意義な調べものができた。

|

« 約束の地、遙かなり | Main | VH7PC を分解修理 »

Comments

あれ、奇遇ですね。
RDT261WHを使ってますよ。自作PCで。
http://slashdot.jp/~jmz-yam/journal/406977

やっぱり三菱の液晶はいいですなー。

Posted by: jmz | 2009.02.11 at 08:11 PM

7といいつつNT6.1ってのもどうでしょうか。(まるで期待していない)
もう5万円しないのNetBook+ubuntuで十分じゃまいかと思う今日この頃。
ubuntuならビデオチップヘコイのも無問題。
おそらくそれでもガッツリ使える時代じゃないかなー。

Posted by: まx | 2009.02.11 at 08:24 PM

>jmz
おや、RDT261WHユーザーが身近なところに。
設置場所の問題さえクリアすればすぐにでも突撃したいところなのですが・・・。う~む。

>まx
PCをネット端末+αなツールとして考えるとNetbook+ubuntuで十分なんですよねぇ。ただ、少しだけ色気をだしてデジカメ写真の現像とかをやることを考えると、ちゃんとした液晶&そこそこのパフォーマンスのPCが欲しくなったりして。

Posted by: yama-kei | 2009.02.11 at 11:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1104/44027321

Listed below are links to weblogs that reference Windows 7 待ち:

« 約束の地、遙かなり | Main | VH7PC を分解修理 »