« September 2009 | Main | November 2009 »

2009年・社内対抗テニス大会

毎年楽しみにしている、社内対抗のテニス大会に出場。

Pa182784

金曜日は定時に退社し、3チームのキャプテン達を乗せたT川さんカーに同乗させてもらって白子へ。キャプテン達が会議に出ている間にビールとワインで盛り上がる。我らがAチームキャプテンの艦長が引いてきたのは、三つ巴になりそうな気配のヤバめなリーグ。強敵の本社Bと、鉄板のシングル1,2を持つ木更津Aにどうにかして勝たねばならない・・。

**

土曜日は早起きして朝練。ここのところ毎週のように試合があったので、調子は上々。M穂野さんからは、「ストロークでもう少し変化が欲しい」「サーブ&ボレーではしっかり止まってから打ったほうがよい」とのアドバイスをもらう。

開会式を済ませた後は、まず木更津Aとの第一戦目。
ダブルス3本を取る作戦で、自分とエースの艦長がD1で組むという変則的な人事。オーダー交換の時点でしてやったり感が漂う。D1の相手は片方の人が手強く、前半で艦長のサービスゲームを落としてしまったものの、ブレークバックを重ねて6-4で勝利。際どい試合だったけど、途中からこっちに来た流れを掴んで離さなかったのが勝因。D3,D2が着実に勝利を重ねてくれていたので、この時点で勝利が確定。シングルスではボコられてしまったものの、チームが勝てばよいので無問題。D1の手強かった相手の人は、前に同級生のH口と一緒にやったことある人だったようだ・・・。世界は狭い。

二戦目は強敵の本社B。
全体的にダブルスが強そうな相手だったので、まともに当たったほうがよさげであると踏んで、艦長&自分がシングルスに入る。じんさんとM井さんのD2勢がよい具合に競っている。D3/D1が敗北して自分の出番。相手は新人っぽい元気な人。2ゲーム目あたりで自分のサーブがネットに当たった瞬間にコードが破断して、ネットが落ちるというハプニングが発生。普通のスピンサーブだったんだけどなぁ・・・ヤレヤレ。打ち合っていると相手が先にミスしてくれる展開だったので、冷静に試合を進めて6-0で勝利。先行していたD2は4-1, 5-4からまくられて痛恨の敗北を喫する。M井さんが転倒してからリズムを崩してしまったようだ。S1の艦長も元気のないテニスで5-7。チームとしては1-4で負け。

三戦目の相手はSEND B。
三つ巴になる可能性があったので、緊張感を抜くことなく自分の努め(S1)を果たして6-1の勝利。S2のF澤さんが壮絶なタイブレークを制して盛り上がる。チームとしても5-0の快勝。もう片方のコートでは、本社Bが我々と同じ作戦を使って木更津Aに勝利したので、2位トーナメント行きが確定。
あぁ・・・ついにシード権を失ってしまった。

2位トーの初戦はそこそこ強そうな仙台B。
シングルスが強いという情報を頼りに、またもやダブルス取りの作戦。D3,D2が着実に勝利を重ねてくれたので、艦長&自分のD1も自信をもったプレーで6-2の勝利。シングルスは負けてしまったものの、無事二回戦へと駒を進める。トーナメント戦の初戦で勝つと、準決勝と決勝が二日目に入るので、この日の試合はこれでおしまい。

女子チームの応援をするべくセンターコートへ移動。
助っ人の増Kさんと初参加のS野さんがD2で勝利を飾り、シングルスのK桐さんも勝ったので無事2位トーの初戦を突破したようだ。もう一試合あるとのことだったのだけど、疲れが溜まっていたので先にあがらせてもらってお風呂へ。やはり、シングルスはちゃんとやると身体に応える・・・。

夕食を済ませて宴会で盛り上がり、サクッと就寝。・・・と、なぜか足を虫に刺されてかゆくて眠れなくなったので、午前1時頃に起きだして本を読んだりして暇を潰す。幸いすぐに痒みは収まり、眠くなったので6時過ぎまでぐっすり睡眠。

**

二日目の日曜日も軽く朝練。
調子は悪くないけど、足腰に疲れがきているのでシングルスには不安が残る。今日はメンバーが8人とギリギリなので、自分がシングルスに入らないと厳しいし、マズイ・・・。

一旦宿に戻って朝食を摂り、一試合目の芝浦・大崎Cと対戦。
実力で拮抗しているチームだったので、小細工なしの布陣で望む。去年まで同じチームだったO岩君はD2で登場。五面での同時展開だったので、他メンバーの試合がゆっくり見れなかったのが残念。二日目の一本目ということでみな身体が硬い。S2の自分の相手は、ポヨ~ンとした球で確実につないでくる苦手な相手。打ち込めるけどミスりやすい球なので、丁寧なテニスを心がけるものの決めきれない展開でフラストレーションが溜まる。足が動いてないのでアプローチのミスが多い。あれよあれよとゲームを落として2-6の負け。もっとショットの精度がないとこの手の相手には勝てません・・・。O岩君の気合いの入ったプレーでD2を落とす。艦長のS1と、2-5から奇跡のカムバックを遂げたM穂野さん&T條さんのD3が勝利し、2-2と並んだ状態でK池さん&M井さんのD2がタイブレークに入る熱い展開。一進一退の手に汗握る攻防の結果、7-5の勝利。終始落ち着いたプレーを見せたK池さんと、アグレッシブなM井さんのコンビネーションがうまく機能したようだ。チームとして3-2の勝利で、二位トー決勝戦への鍵をゲット。

今年の最終試合は芝浦・大崎Bとの対戦。
シングルスの自信をなくしていた自分に代わり、じんさんにシングルスをお願いする。二日目でメンバーが抜けた分、ランキング6位のじんさんが繰り上がってシングルスもOKだったのかと思いきや、ほんとは駄目だったらしい・・・。

自分はM穂野さんとD1をご一緒させていただく。相手はピチピチ・プリプリの元気な新人さん二人。打ってくるボールも元気過ぎて困るけど、面白いほどM穂野さんの術中にはまってくれて優位に試合を進める。全試合を終えていたBチーム&女子が応援に回ってくれていたので、声援が賑やかで有り難い。「”若さ”を意識したらオヤジだよ」とか、耳に痛い発言もあったけど極力スルー。疲れていたせいかよい具合にリラックスできていて、サービスが安定していたのがよかった。2ブレークで5-2として、最後にもうひとつブレークして6-2の勝利。やはり、ダブルスは個人の力よりもポイントを取るテクニックと流れを引き寄せる集中力が大切。T條さん&K池さんのD3も勝利してくれていたので、2-2と並んでS1の艦長に勝敗がかかる。「さぁ応援だ」とみなで移動・・・と思ったら、ラストワンポイントだったらしくて即座に試合終了。テンションが最高潮に上がったと思ったら一気に落ちた。まぁ、相手は強敵・A達さんだったので仕方がないとはいえ、もう少し粘って欲しかった・・・。

**

最終的な結果は2位トー準優勝の30チーム中10位。
シードをもらって順調に1位トーに抜けてしまうと、ボコられる試合ばかりになってしまう傾向があるので、2位トーのほうがよい意味で身の丈にあっているなぁ、というのがみなの共通意見。優勝すればメダルをもらえることだし、来年目指すとしたらまずはここかな。

幸か不幸か、自分たちのチームには絶対的に強いシングルスがいないので、ダブルス3つでもチームとして勝利できるこの大会は比較的「勝ちやすい」大会といえそう。個人スポーツのテニスなのに、チームとして熱くなれるのも団体戦の醍醐味。実業団のようにギスギスした雰囲気になることもないし、のびのびとテニスを楽しめるこの大会にはぜひまた来年も参加したいなぁ、と思った。

閉会式後はお約束のカレーを平らげて、S水さんカーに乗せてもらって早々と白子を出発。快調に都内を抜けて渋谷で下ろしていただき、2時前後に帰宅した。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

Garmont Tower GTX その後

今年になって新調したGarmont Tower GTXがようやく足に馴染んできた。
この靴を履いて行動した累計日数は10日間くらい。

Pa092333

ちゃんとしたアイゼンが装着できる靴としては軽く、ガチガチソールの割には歩きやすく、そこそこの防水性を持ち、デザインがよい・・・というのがこの靴を選んだ理由だけど、今さらになって考えるとちょっと失敗だったかなぁ、と反省。

一言で言ってしまうと、この靴は「アイゼンつけてナンボ」の靴なんだよな~。

先日の穂高岳の池巡りでは、自分以外の二人がいわゆる軽登山靴だったのだけど、やはり夏山では軽登山靴がよいなぁということを痛感。何がよいって、ソールが馬鹿みたいに硬くないので、足裏感覚を頼りに歩くことができること。硬いソールの靴の場合、特に大きな岩が転がってるような場所では、ガチガチソールのグリップ感を頼りに足を置いていかないといけないので、いちいち気を使わないといけない。

昔風の考え方だと「それでもやっぱり重登山靴(=慣れろ)」ってことになるのだろうけど、軽登山靴やアプローチシューズの性能が飛躍的に上がった今となっては、夏山での重登山靴のメリットってほとんどない気がしてしまう・・・。夏でもロック&スノーな海外の山ならまだしも、日本では夏山でちゃんとしたアイゼンをつけることは稀なので、ガチガチソールが生きるシーンもほとんどない。

冬季は冬季で、重くてもよいから防寒性の高い靴が欲しくなるし、結論から言ってしまうと「Tower GTXは使いどころが難しい」ってことになってしまうようだ。無雪期の縦走から冬季~残雪期まで、一足で済ませてしまおうという貧乏根性が裏目に出てしまいまった形。

まぁ、デザインは気に入ってるし、冬~春山でも使えるポテンシャルはあるはずなので、もうしばらく使ってみることにしよう。アナログの世界でもデジタルの世界でも、「全てのコンディションに対応するものを準備しよう」という試みは、大概にして失敗することが多いようだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

穂高岳池巡り・ルートメモ

2009年のシルバーウィークは、穂高岳の池巡りへ行ってきた。

Yari130

1日目: 上高地~奥又白池~五・六のコル~涸沢
2日目: 涸沢~北穂東稜~北穂池~A沢のコル~北穂~涸沢岳~涸沢
3日目: 涸沢~本谷橋~横尾本谷・右俣~横尾尾根のコル~天狗池~殺生ヒュッテ
4日目: 殺生ヒュッテ~槍往復~徳沢園

・・・という行程。
詳細なレポートはこちら

はじめの三日間の行動は、主に道なき道を行くバリエーションルートだったので、GPSのログと写真を活用して、思い出せる限りの記憶を頼りに辿ったルートをメモ。

20090919_ikemeguri
(フルバージョンのGPSログは、こちら)

**

1日目。
徳沢を過ぎて新村橋を渡り、林道を歩いてパノラマルートへ向かう登山路を辿る。ある程度高度を上げると奥又白谷を渡る地点で奥又白池に向かう分岐にぶつかるので、ここで松高ルンゼの脇から小尾根に乗って高度を上げていく。

P9191483
(小尾根の入口。すぐ脇にプレートがある。「君、永遠に雄々しかれ」)

木登り的、藪漕ぎ的要素の強い登りだけど、トレースは明瞭で危険な個所もない。開けた場所に出ると、北尾根がよく観察できる。野イチゴ畑の中をしばらく進み、五・六のコルに向かう分岐をパスして直進。

P9191497
(真ん中上のピークが六峰。正面のガレ沢の右側の小尾根を詰めると五・六のコル)

ここまで来れば、奥又白池は目と鼻の先。
池は素晴らしく居心地のよい場所で、一時期汚れていたという水もきれいで透き通っている。

P9191503
(奥又白池から見える前穂と北尾根)

池から五・六のコルに向かう道は、それなりにトリッキー。
ガスってる時はルートファインディングに苦労する可能性が高く、岩場に慣れていないと落石や滑落の危険があるので注意が必要。

まずは、池に来るときにパスした分岐を折れて野イチゴ畑の中をトラヴァースしていく。これまでの道よりもトレースは細い。途中、4峰か5峰に向かう分岐があるので、無視してそのままトラヴァースしていくと、ガレ場に向けて一気に下る箇所がある。この下り区間は、浮き石が多くて斜度もあるので注意が必要。

P9191532
(五・六のコルに向かう小尾根から池~ガレ場のルートを概観。トレースが微かに見える。)

ガレ場ではマークが確認できなかったので、高度を一定に保ちながらトラヴァース。ガレガレではあるけれど、岩の踏み方に気をつければそこまで危険ではない。

P9191517
(ガレ場のトラヴァース地点)

ガレ場を渡りきった先で草つきを越え、もうひとつの細いガレ場を渡る。渡ったところにある岩の脇にあるトレースを頼りに、草つきの斜面をトラヴァースしていくと、再度ガレ場に出る。

このガレ場の向いにある支尾根に乗りたいので、ガレ場を渡ってルートを探す。渡ってすぐの岩の脇にもトレースが認められたのだけど、ガレ場を直登するマークがあったので、15-20mほどガレ場を登ってからトレースを頼りに支尾根に取り付く。

P9191524
(ガレ場を渡ってすぐの岩。あとから写真を見る限りだと、ここから支尾根に乗っても大丈夫だった模様)

支尾根に乗ってしばらく行くと、足場・ホールド共に少ないしょっぱい箇所がある。これは左側の草つきに逃れるのが正解で、最後の一手にはお助け紐がある。ここを越えると一気に見通しが開ける。

P9191534

あとは尾根上のトレースを詰めていき、ちょっとだけおっかないトラヴァースを越えてガレ場を登っていけば五・六のコルに出る。

Yari033
(五・六のコル手前のイヤなトラバース)

**

2日目。
涸沢から北穂東稜に行くには、南稜方面に向かう一般路を登っていき、一般路がガレ場から左に折れて南稜に向かうところで右側に折れる。

P9201591
(南陵に向かうルートから右にそれてすぐのガレ場。正面に見えるのがY字雪渓・右俣)

トラヴァース気味にガレ場を渡り、Y字雪渓・右俣の右岸に沿って登っていく。浮き石が多く足場が不安定なので、登行していく際には落石に注意したい。

Yari066
(ガレ場の登行。落石注意。)

東稜のコルに出たら、そのまま広くなった尾根を北向きに進む。2814mの肩のあたりからは北穂池が下方に確認できる。肩の切れ口を東側に向かって偵察すると、大岩の上にケルンが積んであり、その先にマークと下り口がある。

P9201614
(2814mの肩からの下り口の脇に積んであったケルン)

P9201613
(2814mの肩からの池へと向かう下り口)

トレースはそこそこ明瞭ではあるものの、岩場ではトレースを見失いがちなので、注意深くマークを探し、それを頼りに下っていく。ルート自体の難易度は一般路に毛が生えた程度。

P9201622
(さりげないマークが多い)

2,3回小さな尾根を左側に乗越しながら下っていくと、ガレ場に出る。もう池は下に見えているので、あとは池に向かって下っていくだけ。

P9201624
(見通しのあるガレ場に出たら、あとは下るだけ)

東稜から素直に下っていって、はじめに出くわすのが一の池。
二の池方面に向かうには、一旦南西方面のガレ場を登り、途中からトレースを頼りに草つきの斜面を越えていく。うまく辿ることができれば遭難碑の脇を通って二の池、三の池周辺に出られる。

P9201661
(北穂周辺から池の台地を俯瞰。池の向こう側は本谷・左俣に向かって切れ落ちている)

オリジナルの計画では、ここから本谷・左俣に抜けるルートを探して下降する予定だったので、雪田の脇を歩いて野イチゴ畑の先のブッシュを偵察。

雪田から溶けだした水がチロチロと流れている箇所があったので、恐らくこれが北穂滝の水源となっているのだろう。

P9201643
(雪田からの流れ出る水)

(恐らく)向かうべきであろう斜面は、ナナカマドの灌木帯。進もうと思えば進めそうだけど、トレースもなければ無事に下れる保証もないので、A沢のコルへの転進を決意。ザイルを持って飛び込むか、あるいは本谷・左俣から登ってルートを確認しないと駄目ですな。

P9201644
(本谷・左俣へと下るルートを偵察するも、ブッシュに阻まれる)

雪田のある台地を離れて、A沢のコルに向けてのガレ場登り。草つきの脇をかすめて、落石に気をつけながら高度を稼ぐ。登り切ったところは広い尾根状になっていて、長谷川ピークがよく見える。

ここから先は、トラヴァース気味に進んで前方に見える灌木帯を越える必要がある。ハイマツとブッシュの生え際を攻めたところ、ちょうどよい具合に踏まれていたので藪漕ぎはほとんどせずに灌木帯をクリアー。出口にはペンキマークまであった。

P9201652
(広い尾根状から長谷川ピーク方面。正面のハイマツとブッシュの生え際を目指してガレ場をトラヴァース)

あとはガレ場を注意しながらトラヴァースしていけばA沢のコルに出られる。

**

3日目。
本谷橋から沢に沿って上流へ向かう。
はじめは大きな岩を飛び跳ねたりしていくが、次第に左岸側の今にも消えてしまいそうなトレースが拾えるようになる。

P9211759
(はじめは沢沿いの巻き道がないので、岩の上をぴょんぴょん跳ねていく)

このトレースは昔から歩かれているもののようなのだけど、木や草に邪魔されて歩きにくくなってしまっている。沢靴を持っているパーティーであれば、そのまま水際を歩いて行ってしまったほうが効率がよいかも知れない。ただし、このあたりの岩はただ濡れているだけのように見えて凄く滑りやすいので、注意が必要。

左岸側のトレースは、ところどころ必要以上に高巻きしている印象。うっとうしい草をかき分けていくのにウンザリしながら進んでいくと、右俣と左俣が分かれる二俣に出る。

P9211763
(二俣から右俣上部を見る)

すぐに出てくる小滝は右岸側から越えて、またすぐに出てくる滝は左岸側からお助けロープを使ってクリアー。多少アクロバティックな体勢で越える必要がある。

このあたりから斜度が上がってくるので、歩きやすそうな所を適当に選んで高度を稼いでいく。ギュギュッと斜度がきつくなった箇所を乗り越えると、目の前の視界が開ける。ここで一旦急な登りからは開放される。

P9211769
(本谷・右俣のカール(通称“黄金平”)の端に到着。視界が開ける)

ここから先は、横尾尾根の最低コルを目指す。
直接コル方向に進むとブッシュにぶつかってしまうので、沢の左岸側のトレースを拾い、左側から回り込む形でブッシュをクリアーしていく。

ブッシュを越えた先は野生のブル-ベリー畑。前方にはモレーンと雪田があるので、微かなトレースを頼りにコルに向かって直進。ブッシュを越えた先に、右側から回り込んでモレーンは迂回するトレースがあったので、恐らくこれを拾った方が素直に行けたのではないかと思う。

P9211779
(モレーンと雪田と目指すべきコルが見える)

モレーンが尽きたあたりに目印になる大岩がある。
コルに直登するルートは悪いようなので、左側から回り込むルートを選択。ガレ場の登りになると、浮き石が多くて足場が悪いので注意深く進む。

P9211807
(ガレガレの急斜面で足場は悪い)

コルへの直登ルートとの間には、島状のブッシュ帯が二つある。高度を稼ぎ、二つ目のブッシュ帯の上に抜けたあたりから右側にトラヴァースして行くと、トレースが拾えるのでこれに乗って進んでいく。

大岩とハイマツが混じった箇所に出たら、コルまでトラヴァースすることは考えずに直登ルートを選択し、しばらく登っていくと東稜の縦走路に出る。

P9211811
(ここまで来れば一般ルートは目前。)

**

参考にさせていただいた資料は以下。

今回の池巡り計画のベースとさせていただいたのがこちらの記事。
http://isla.cocolog-nifty.com/mountain/2008/09/2-1-2-3-4.html

奥又白池、五・六のコル周辺に関してはこのあたりの記事が参考になった。
http://buna-pow.com/2005/hotaka/hotaka2005.html

北穂池に関しては、すうじいさんの記録が役に立った。
http://www.interq.or.jp/world/suji/mr293map.html
http://yamanashi3.hp.infoseek.co.jp/mr626.html

本谷・右俣に関しては、南岳小屋の方が書いている記事が充実している。
http://www.mcci.or.jp/www/minamidake/course-5.htm

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »